思いを行動に移すためにはやり方を身につける必要がある

「思いを行動に移そう」と、よく言われます。

思いをもっただけでは、何事も成果につながらないからです。

思いを行動にして初めて、成功や失敗が生まれます。

 

例えば、仲間を大切にしようと思ったとしましょう。

仲間を大切にするためには、仲間が困っていると感じたら声をかけることが大切ですし、仲間が頑張っていたら共に頑張る優しさや勇気が必要になります。

思いを行動に移すことで仲間を思いやったり、目標を達成したりすることができるのです。

 

しかし、思いを行動に移すことは容易ではありません。

なぜなら、行動に移すと成功の他に、失敗が伴ってしまうからです。

何もしなければ、失敗することはありません。

失敗すると、気持ちが落ち込みます。だから、行動することをためらってしまうのです。

 

さらに、勇気をもって行動しようとしても、行動の仕方がわからなかったら、行動することはできません。

そういう人は、けっこう多いのです。

 

例えば、初対面であった人との交流。

あなたは、初対面の人と上手にコミュニケーションを取ることができるでしょうか。

「私は人見知りで・・・」という人がいますが、人見知りの人も、実は、初対面の人とどのように対応したらよいのか、わからないだけです。

初対面の人の対応を身につければ、きっと人見知りだと思っている人も、上手にコミュニケーションをとることができることでしょう。

 

行動の仕方を身につけるためには、場数が大切です。

また、アドバイスをしてくれる助言者が必要です。

さらに、手本を示してくれる先輩がいるとよいでしょう。

 

だからこそ、多くの挑戦をしてみましょう。

挑戦を積み重ねる度に、あなたは、思いを行動に移すことができるようになります。

さあ、一歩踏み出してみましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめサイト
あなたにおすすめの記事