自信をつけさせるために伝えたい言葉

生徒会総会で、成長を見せることはできたでしょうか。

私から見て、仲間が発言したことをメモして、思いを受け止めようとする姿や、片づけの際に、椅子を片付けるだけでなく、周りを見て必要なことを考え、窓を閉めに行く姿がありました。

人を思いやる気持ちや、周りを見渡して必要なことを考え、行動に移すこと。

よい姿だったなと思いました。

様々なよさがあったと思いますが、今日は、「自信」というテーマで、話をしていきたいと思います。

 

自信は、どうやって身につくと思いますか。

それは、自分で約束を決めて、それを実行に移すことから、自信は身についていくものです。

今日、きっと誰もが、目標をもって会に臨んだはずです。

例えば、発言。

初めから、発言を諦めている人はいないはずです。

何か考えをもって、会に臨員でいるはずです。

しかし、多くの人は、実行に移すことはできません。

逃げたり、やらなくてよい言い訳を考えたりと、できない理由を探すのです。

そして、できない自分を肯定し、自信があるふりをするのです。

しかし、そんな自信は簡単に吹き飛んでしまいます。

新たな緊張する場面が訪れれば、また同じように、できない理由を探すのです。

そして、発言という場面以外でも、部活動や勉強などにも、その癖はつながっていくと思うのです。

だけど、今日、発言を試みた生徒がいました。

「発言ができた」というのは、司会者に当てられるか、当てられないかという運が絡みます。

しかし、挙手は、誰にだってできます。

「挙手」という挑戦を、勇気を出して試みた人がいるのです。

多くの人が、一歩引いてしまう状況で、あなたは、自分の目標に向かって一歩踏み出したんです。

その挑戦の積み重ねが、あなたに、確固たる自信をつけていくのです。

 

これからの生活でも、自分で目標を決め、自分自身と約束し、行動に移していきましょう。

それが、きっと、あなたに「自信」を与えてくれます。

ただ単に待てば、ただ単に年をとれば、自信はついていくものではありません。

勇気を出して、挑戦した先に、確固たる自信は身についていくものです。

そして、その確固たる自信は、他の場面でも、輝いていきます。

ぜひ、日常から、自分との約束を守ることができるように、勇気を出して、挑戦し続けてください。

無料プレゼント

公式LINEに登録しよう

おすすめサイト
あなたにおすすめの記事