安心できる人間関係を築くためには相手を知ることが大切

仲間とよい関係を築くためには、信頼関係が必要不可欠です。

信頼関係があるからこそ、安心できる関係を築くことができます。

人は、知らないものに恐怖を覚えます。

幽霊がよい例ですね。

幽霊ってどんなものなのかわからないから怖いんです。

人に危害を与えないとわかれば、幽霊に対する怖さは小さくなるでしょう。

また、スキーやスケートも同じです。

初心者の人は、滑り方がわからないから、スピードを出すことを怖がります。

滑り方を覚えてしまえば、ある程度のスピードを出しても安心して滑ることができます。

人間関係も同じです。

相手のことが理解できれば、安心して付き合うことができます。

相手が何を考えているのかわからないから、関係がぎくしゃくしてきます。

また、人を信じるより、うわさを信じるから、疑心暗鬼になります。

例えば、あなたが周りの人から「〇〇さんがあなたのことを嫌いって言っていたよ」と言われたとします。

あなたは、どう思うでしょうか。

また、どう行動するのでしょうか。

人間関係を得意とする人は、直接〇〇さんに確認するか、気にしないか、うわさを広める人より〇〇さんを信じるかのどれかです。

人間関係に怯える人は、人よりうわさを信じます。

直接〇〇さんに確認することを恐れます。

そして、不安にかられまた別の人に自分の悲劇を伝えます。

その結果、ますます〇〇さんとの関係が悪くなります。

そもそも「〇〇さんがあなたのことを嫌いって言っていたよ」と伝える人は、最低だと思いませんか。

人の気持ちが理解できない人だと私は思います。

あなたもわかっていると思いますが、うわさを伝える人は、〇〇さんも、うわさを広めた人の両者を不幸にします。

優しさのつもりで教えているのでしょうが、結果として両者を不幸にしているだけです。

二人の間が修復されるまで、間を取り持ってくれる人は信じてもよいかと思いますが、そういう人は伝えるだけで終わります。

うわさを広めるという責任を取らないということです。そういう人を信じる必要があるのでしょうか。

信頼関係を築くためには、相手を信じることから始まります。

変なうわさに右往左往するのではなく、相手を信じ抜くのです。

もちろん、信じることで裏切られることもあるでしょう。

しかし、相手を疑い続け、びくびくするよりも気持ちは楽になるはずです。

そのためにまず、自分自身を信じましょう。

自分を信じられる人は、相手を信じられる人です。

自分の目を信じ、心を信じてください。

きっと、あなたが大切にしたいと思った人は、信じる価値がある人です。

Twitterでフォローしよう

おすすめサイト
あなたにおすすめの記事