叱る必要性とは?教師が知るべき理由

はじめに

教育現場において、「叱る」という行為は避けられがちですが、その重要性を理解することは非常に重要です。
この記事では、叱ることの意義と、その効果的な使い方について詳しく解説します。
自己抑制力の育成、学級の規律づくり、生徒への思いやり、教員の価値観の示し方など、具体的なポイントを紹介し、読者である教員が叱ることの真の意味を理解し、教育現場で役立てる方法を提案します。

叱るポイント

叱る必要性については、次の章から説明しますが、初めに、叱り方のポイントについて紹介します。
なぜなら、叱り方を間違えると、叱る必要性とは、別の方向に生徒が向かってしまう恐れがあるからです。

強く叱ることは厳しく叱ることではない

強く叱ることと、厳しく叱ることは、違います。
叱り方のポイントとして大切なことは、厳しく叱ることです。

厳しく叱るとは、ダメなことはダメと、気概をもって貫き通すことです。
だから、笑顔で叱っても、短い言葉で叱っても問題ありません。

もちろん、後になって、教員が間違っていた場合もあります。
その際は、素直に、「ごめんなさい」と頭を下げましょう。

要は、簡単に教員の正義を、生徒の考えに合わせないことです。

それが、できれば大声を出して強く叱る必要はないです。

そして、強く叱ることは少ない方がよいです。
しかし、強く叱る場面もあります。

強く叱る画面

  • 命の危険がある場合
  • 仲間のことを傷つけた場合

命の危険がある場合は、大声を出してでも止めましょう。
また、仲間のことを言葉でも暴力でも傷つけた場合は、強く指導するとよいです。
強く指導することで、傷つけられた仲間を守る・大切にするといった叱り方です。

仲間のことを傷つけたときに強く指導するポイント

傷つけた方、傷つけられた方の言い分は、両者から聞くことは大切です。

叱り方のポイントを押さえた上で、次の章からお読みください。

自己抑制力を育てるために

自己抑制力の重要性

生徒が自分の行動をコントロールする力、つまり自己抑制力を育てることは、将来の成功に繋がります。
叱ることはその第一歩です。

叱ることによる自己認識の向上

叱ることを通じて生徒は自分の行動が他人にどう影響を与えるかを学びます。
これにより自己認識が高まり、自己抑制力が育まれます。

実践方法と例

具体的な場面での叱り方の例を紹介し、自己抑制力の育成に役立つ実践的な方法を解説します。

  1. 具体的な叱り方の例

    • 騒がしい教室の場合: 授業中に教室が騒がしい場合、まず冷静に全体を見渡し、一旦静かにするように声をかけます。その後、特に騒いでいる生徒に対して、具体的にどのような行動が問題であるかを指摘します。「◯◯さん、授業中におしゃべりするのはやめましょう。みんなが集中できる環境を作りたいので協力してください。」
    • 遅刻が多い場合: 遅刻が続く生徒に対して、「遅刻をすると授業の進行に影響が出ます。皆が同じ時間に集まり、同じ時間に始めることで、授業がスムーズに進むのです。次からは時間を守りましょう。」
  2. 自己抑制力の育成方法

    • ルールの明示: 生徒が従うべきルールを明確にし、その理由を説明します。「教室ではお互いの学習を尊重し、静かにすることが大切です。そうすることで全員が集中して学べます。」
    • ポジティブなフィードバック: 正しい行動をした生徒には積極的に褒めることで、良い行動を強化します。「今日はみんなが時間を守って教室に来てくれて、授業がスムーズに進みました。ありがとう。」

学級に規律をつくり、過ごしやすい環境をつくる

規律のない学級の影響

規律のない学級では学習環境が悪化し、生徒の学習意欲も低下します。
叱ることは、こうした状況を改善するための一つの手段です。

叱ることによる規律の形成

叱ることで、何が許される行動であり、何が許されない行動であるかを明確にします。
これにより、学級全体の規律が保たれます。

効果的な規律づくりのテクニック

規律を守らせるための具体的なテクニックと、叱ることを通じて過ごしやすい学級環境を作る方法を解説します。

  1. 視覚的なルール掲示: 教室内に規律やルールを掲示することで、生徒が常にルールを意識できるようにします。

    • 掲示例: 「授業中のマナー」「遅刻をしない」「教室内でのルール」などをポスターや掲示板に貼り出します。
  2. 一貫性のある対応: 規律違反に対して一貫した対応をすることで、生徒に規律の重要性を理解させます。例えば、遅刻した生徒には必ず注意し、その理由を確認します。

    • 対応例: 「遅刻した理由を教えてください。次回はどうしたら時間を守れるか、一緒に考えましょう。」

叱る=生徒を見捨てない

見捨てることと叱ることの違い

叱ることを恐れる教員も多いですが、叱らないことは生徒を見捨てることと同じです。
ここではその違いを詳しく説明します。

愛情を持って叱る

叱ることは愛情の一環であり、生徒に対する関心の表れです。
生徒は叱られることで、教員が自分を気にかけていると感じます。

実際の事例から学ぶ

具体的な事例を紹介し、叱ることが生徒との信頼関係を強化する方法であることを説明します。

  1. 事例1: 授業中の携帯電話使用

    • 問題: ある生徒が授業中に携帯電話を使っていました。
    • 対応: その生徒を個別に呼び出し、携帯電話の使用が他の生徒の集中を妨げる理由を説明しました。「授業中に携帯電話を使うと、周りの生徒も気が散ってしまいます。皆が集中できる環境を作るために協力してくれますか?」
    • 結果: 生徒は理由を理解し、携帯電話を授業中に使わないようになりました。また、その生徒は他の場面でも積極的に協力するようになり、信頼関係が強化されました。
  2. 事例2: グループ作業での不参加

    • 問題: グループ作業で一人の生徒が全く参加しない状況が続いていました。
    • 対応: その生徒に個別に話を聞き、なぜ参加しないのかを尋ねました。生徒は「自分がやっても意味がない」と感じていたことが分かりました。そこで、その生徒の役割を明確にし、チームの中での重要性を説明しました。「あなたの意見はグループの成功にとても大事です。一緒に頑張りましょう。」
    • 結果: 生徒は徐々に参加するようになり、グループ作業で積極的に意見を出すようになりました。これにより、チーム全体のパフォーマンスも向上し、クラス全体の結束が強まりました。

叱る=教員の価値観を示すチャンス

価値観の共有

叱ることは教員が自身の価値観を生徒に伝える絶好の機会です。
どのような価値観を持っているかを明確に示すことができます。

教育理念の反映

叱ることで、教員の教育理念や信念を生徒に伝えることができます。
これにより、生徒は教員の指導方針を理解しやすくなります。

実際の場面でのアプローチ

価値観を示すための具体的な叱り方のアプローチを解説し、教員がどのように自分の価値観を生徒に伝えられるかを紹介します。

  1. 透明性のあるコミュニケーション: 生徒に対して教員自身の価値観を明確に伝えることで、叱る理由が理解されやすくなります。

    • アプローチ例: 「私は皆が互いに尊重し合う教室を大切にしています。そのため、授業中はお互いの学習を妨げないようにすることが重要です。」
  2. 感情をコントロールする: 叱る際には冷静さを保ち、感情的にならないように心掛けます。これは生徒に対する尊重の表れでもあります。

    • アプローチ例: 「今の行動は問題がありますが、冷静に話し合って解決策を見つけましょう。」
  3. 具体的なフィードバック: 叱る際には具体的に何が問題であるかを示し、改善点を明確にします。

    • アプローチ例: 「授業中に大声で話すのは避けてください。その代わりに、質問があるときは手を挙げてください。」
  4. 価値観に基づくエクサンプル: 自分の価値観に基づく具体的な例を用いて、生徒に伝えます。

    • アプローチ例: 「私が学生だった頃、先生が皆を平等に扱うことを大事にしていました。その経験から、私も皆が公平に扱われることを大切にしています。」

おわりに

叱ることは教育において非常に重要な役割を果たします。
自己抑制力の育成、学級の規律づくり、生徒への愛情表現、そして教員の価値観の共有と、さまざまな面で効果があります。
この記事で紹介したポイントを実践し、生徒の成長と学級環境の向上に役立ててください。

無料プレゼント

公式LINEに登録しよう

おすすめサイト
あなたにおすすめの記事