体育祭の当日に価値を伝える無敵の話

先週、応援合戦の練習を見ていると感動してきました。

あなたたちの踊りは難しい。

入場からヒナーレまで、ほぼ踊りだけで構成されています。

きっと、覚えることがたくさんあったことでしょう。

その難しさを知っているからこそ、あなたの頑張ってきた努力がわかります。

仲間の思いに応えて練習してきた日々を思い出します。

今まで練習を積み重ね、成長した姿に感動しました。

それと同時に、3年生の苦労も感じました。

踊りが多いということは、3年生が、振り付けを考えるために多くの時間を費やしたということです。

また、踊りが難しいということは、教えることが難しいということです。

演舞を教えてくれた3年生に感謝だね。

人は、何に感動するのか。

それは、

一生懸命な姿に感動

します。

高校野球がよい例でしょう。

どうして甲子園は人気があるのでしょうか。

野球のうまさだけで言えば、プロ野球の方が断然上です。

しかし、甲子園に足を運ぶ人は多いです。

それは、一生懸命な姿を応援したいと思うからです。

高校野球では、明らかにアウトになるとわかっていても、一塁ベースにヘッドスライディングをすることがあります。

試合で負ければ、涙を流しながら土を集める選手の姿があります。人々は、その一生懸命な姿に感動するのです。

体育祭は、どうしても運動能力によって結果が左右されてしまいます。

しかし、体育祭は結果によって価値が決まるわけではありません。

あなたが周りに何を与えることができたのか。

そして、あなたが何を得ることができたのかによって、体育祭の価値が決まります。

勝ち続けることは難しいです。

必ずどこかで負けるときがきます。

対戦相手によって勝ったり負けたりすることもあります。

負けないためには、「最強」になるしかありません。

しかし、「最強」になることができるのは、1番のみです。

「最強」の他に、『無敵』という言葉があります。

『無敵』とは、負けないことではありません。

『無敵』とは敵がいないことです。

最初から敵なんていません。

あなたの周りには、共に汗を流してきた仲間がいます。

そして、あなたと一緒に競技に出る高め合う仲間がいます。

つまり、

『無敵』とは、相手に勝つことではなく、高め合える仲間をつくること

です。

今日は、あなたの一生懸命な姿を見せましょう。

嬉しかったら飛び跳ねて喜べばいいです。

悔しかったら涙を流せばいいです。

そして、仲間を応援し、相手を認め、自分も認め、絆を深めていけばいいのです。

そんな体育祭が周りに感動を与え、あなたにすてきな宝物を残してくれるでしょう。

あなたに敵はいないです。

あなたの周りにはすてきな仲間がいます。

そのすてきな仲間と共に体育大会を築き上げましょう。

おすすめサイト
あなたにおすすめの記事