インプットとアウトプットで将来の夢を考える

勉強では、インプットとアウトプットが大切ということを聞いたことはありませんか。

インプットとは、新しい単語を覚えたり、ノートにまとめたりすることです。

インプットの役割は、新しい知識を覚えることです。

その反対に、アウトプットとは、問題を解いたり、人に教えたりすることです。

アウトプットの役割は、新しい知識を定着することです。

アウトプットをして、初めて、知識が自分のものになってくるのです。

だから、勉強では、インプットしただけでなく、アウトプットをする必要があるのです。

 

しかし、インプットとアウトプットの重要性は、勉強だけではありません。

将来の夢を考える上でも、重要になってきます。

どんな仕事もインプットとアウトプットから成り立っています。

 

例えば、教師。教師は、生徒たちに勉強を教える職業です。

教師は、生徒に教えるために、自ら勉強し、教え方を考え、実際に生徒へ教えます。

教師でいうと、生徒へ教える内容を勉強することと、教え方を学ぶことがインプットですね。

そして、実際に生徒へ教えることがアウトプットですね。

他にも、飲食店でも、警察官でも、どんな仕事もインプットとアウトプットが大切になってきます。

 

では、仕事でいうインプットやアウトプットは、具体的にどんなものがあるのでしょうか。

 

まずは、インプットから。インプットには、勉強や体験、人から聞くなどがあります。

そして、将来の夢を考える上で、大切なことは、どんな勉強や体験、どんな話を聞くことが好きなのか考えてみましょう。

 

次に、アウトプットです。

アウトプットには、絵を描いたり、文字を書いたり、映像を制作したり、人に教えたりするなどがあります。

将来の夢を考える上で、大切なことは、どんなことをするのが楽しいか考えてみましょう。

 

仕事は、インプットとアウトプットの連続です。

インプットした内容が人の役に立つことが仕事です。

将来の夢を考える上で、インプットとアウトプットを意識してみると、自分の夢が見つかるかもしれませんよ。

Twitterでフォローしよう

おすすめサイト
あなたにおすすめの記事