心を平常心に戻すことのメリット

あなたは絶好調でしょうか。

それとも、落ち込んでいるでしょうか。

どちらにしろ、心を整えることが大切です。

「えっ絶好調のときも心を整えることが大切なのですか」と質問がきそうですが、絶好調のときも、落ち込んでいるときも、平常心に戻すことが大切です。説明していきますね。

 

まず、理解しやすい、落ち込んでいるときから考えてみましょう。

当然のように、落ち込んでいるときより、心が落ち着いているときの方が幸せです。

だから、落ち込んだ時こそ、心を落ち着けた方がよいです。

しかし、多くの人は、落ち込んだときに、よいことを考えたり、楽しいことをしたりしようとします。

もちろん、落ち込んだときによいことを考えたり、楽しいことをしたりすると、心が元気になります。

しかし、マイナスな状態からプラスな状態にするためには、多大なエネルギーがいるのです。

そのため、心が元気になると同時に、心に疲れもたまってしまうのです。

だから、突然、不安にさいなまれたり、急に落ち込んだりすることがあるのです。

まず落ち込んだら、マイナスな状態から「0」の状態に戻しましょう。

つまり、心を整えるということです。簡単に言えば、あなたらしくいるということです。

変に無理せず、ゆったりと過ごしてみましょう。

きっと、心が整えられ、不安が和らいでいくはずでしょう。

落ち込んだ時こそ、心を平常心に戻すようにしましょう。

 

では、次に絶好調の時です。結論から述べれば、絶好調の時も平常心に戻しましょう。

なぜなら、絶好調の時は、平常心ではないからです。

つまり、絶好調の時は、普段のあなたからしたら、異常の状態であるということです。

絶好調の時は、やる気があふれ、物事がスムーズに進んでいると感じることでしょう。

しかし、その分、疲れも溜まりやすいのです。

また、うまくいかなかったことが起こると、プラスからマイナスの反動も大きくなるのです。

さらに、絶好調の時は、周りに目が向かなくなることが多いです。

 

人生は、短距離走ではなく、マラソンです。

長い目で見て、頑張ることができるように、心を落ち着けられるとよいですね。

Twitterでフォローしよう

おすすめサイト
あなたにおすすめの記事