基準を高くもつことで成長する速さが変わる!心がすべて!!

物事の基準をあなたはどれだけ高い位置でもてていますか?

例えば、日記で最後の行までびっしり書こうと考えているのか?

それとも、行からはみ出すくらいまで書こうと決めているのか?

勉強は最低1時間?
それとも、2時間?

今例に出した以外にも、物事の基準はたくさんあります。

そして、その基準は人それぞれです。

あなたも知ってのとおり、その基準の高さにより、結果を出す人と、結果を出せない人の差がありますよね。

結果を出そうと思えば、基準を高くすればよいし、結果を求めなければ、基準は曖昧なままでよいですよね。

この世は不思議なもので、

何かを得ようと思えば、何かを失わなければなりません

基準を高くして結果を残したいのであれば、目標に費やす時間が増えますし、エネルギーも大量にいります。

例えば、勉強の基準を高くすれば、遊ぶ時間が減りますし、疲れがどっとたまります。

生活の時間を真剣に書こう(書く力を高めよう)と思えば、自由な時間は減りますし、頭を使わなければなりません。

つまり、求めるものを得ようと願えば、何か別のものを削っているということですね。

逆に、遊びや自由を求めるのであれば、勉強の基準は下がりますし、日記を適当に書けばよいということです

そして、基準を下げるのであれば、結果を残すことを妥協しなければならないということです。

あなたは、物事の終わりが見えたときに、もう少しやってみようかな?と思いますか、それとも、これくらいでいいや!と思いますか?

その選択の違いにより、基準の高さが変わってきます。

要は、結果が変わってくるということです。

だから、踏ん張ってください。

終わりが見えた時こそ、あと少し

と踏ん張ってみてください。

その選択の積み重ねにより、出てくる成果が変わってきます。

達成感をより感じられるようになります。

でも・・・大変なんですよ・・・という人もいるでしょう。

変わるときに人は一番エネルギーを使いますから、動き出そうと思っても腰が重たいのはわかります。

1日2日で挫折してしまうのもわかります。

そういう人は、結果を求めようとする物事とは違うことに真剣になってください。

勉強で結果を出そうと思うのであれば、掃除だとか当番の仕事などに力を入れてみてください。

ひとりひとりの基準の高さは、いろいろなところでつながっています。

掃除で周りの雰囲気に流されるのであれば、勉強でも周りの誘惑に負けるでしょう。

当番活動をいい加減にやるのであれば、勉強もいい加減になるでしょう。

逆に、掃除を集中して行うことができれば、勉強でも集中できるでしょう。

当番活動をていねいに行えれば、勉強も一問一問ていねいに解くことができるでしょう。

つまり、すべては

心で決まってきます。

嫌なことがあれば逃げるか?

少しでも手をつけるか?

立ち向かっていくか?

など、心の強さが最も大切だと考えています。

おすすめサイト
あなたにおすすめの記事