10分間の読書は中学生におすすめ

あなたは、一日の中で、ゆっくり過ごすことができる時間がありますか。

もしないのであれば、10分でもよいので、ゆっくりできる時間を確保できるように努めてみましょう。

きっと、今より心が楽になるはずです。

 

中学生はとても忙しいです。

朝起きて、学校へ行き、帰宅すれば塾へ行ったり、宿題をやったりします。

さらに、スマホをもっている人は、仲間と連絡を取り合って、ゆっくりできる時間はほとんどないはずです。

そして、いつの間にやら、夜の12時・・・。

寝て、すぐに朝が来て、同じような日々の繰り返し。

悪循環ですね。これでは、疲れも溜まっていきます。

「そんな中学生にゆっくりできる時間をつくれって」思う人もいると思いますが、1日の中でゆっくりできる時間は確保しておいた方がよいのです。

 

大きな理由は、ストレスが減り、あなたの力が発揮できるからです。

人は、ストレスや疲れがあると、本来の力を発揮できません。

そのため、一つ一つの成果や効率が下がってしまいます。

また、あなたの気分が落ち込みやすくなり、前向きに物事に取り組むことができなくなります。

それでは、先ほど説明した悪循環にはまりやすく、抜け出すことも困難になります。

だからこそ、疲れやストレスをためないことは大切なのです。

 

そこで、試した方がよいことは、読書です。

一日のスケジュールの中に読書の時間を先に入れてしまいましょう。

10分だけでもよいです。

そして、この時間は死守するのです。

仲間から連絡がかかってきても取り合わないようにしましょう。

たったこれだけで、疲れやストレスはかなり減るはずです。

できれば、30分の読書時間を確保した方がよいですが、忙しいあなたは、10分だけでも確保してみましょう。

ゆっくりタイムに費やす時間は、読書はおすすめです。

 

他にも、寝る時間を決め、その前にすべてやるべきことを終わらせることも大切ですが、一日に10分、確保する方が容易でしょう。

たった10分で、今より前向きに過ごすことができるのであれば、試してみる価値はあります。

ぜひ、一日の中に、10分間の読書時間を確保してみましょう。

公式LINEに登録しよう

あなたにおすすめの記事