将来の夢や進んでいくべき道の選び方

「やりたいことがわからない」と悩みを抱えている人は、少なからずいます。

それは、選択肢が多いから、決められないのです。

例えば、文房具を買いに行ったとしましょう。

ある店には100種類の文房具があります。

ある店には2種類の文房具があります。

どちらの店の方が、滞在時間が短いと思いますか?

それは、2種類の文房具の店ですね。

人は、選択肢が多ければ多いほど悩みます。

今は、数多くの職業があります。

きっと、すべての職業を知ることは不可能でしょう。

だから、将来の夢について悩むのです。

では、どうしたらやりたいことを見つけられるのでしょうか?

それは、

『基準』を定めることが大切

です。

基準があれば、数多くの選択肢があったとしても、容易に決められるようになります。

先ほどの文房具の話ですが、「切るための文房具」「くっつけるための文房具」など、基準があれば、100種類文房具があったとしても、選択肢はかなり絞られますよね。

将来の夢も同じで、あなたの基準をつくり、選択肢を絞ってあげた方がよいのです。

基準の定め方は、

Ⅰ 大切にしている考え方

Ⅱ 得意なこと

Ⅲ 好きなこと

とステップ通りに考えていくことが重要です。

見てわかると思いますが、注意してほしいことは、好きなことよりも価値観や得意なことを優先するということです。

それでは、具体的に考えていきましょう。

まずは、Ⅰの大切にしている考え方を考えてみましょう。

そして、あなたの大切にしている考え方を考えるために、以下の質問をしてください。

「尊敬する人は?」
「思春期に影響が大きかった経験は?」
「今の社会に足りないものは?」
「何を大切にしている?」
「他人に助言したいことは?」

そして、あなたが出した答えの中から、キーワードを考えてください。

また、キーワードの優先順位を決めてください。

それが、あなたの仕事を選ぶ価値観となります。

次に、Ⅱの得意なことを考えてみましょう。

「私には才能はない」と多くの人は考えていますが、得意なこととは、知らず知らずのうちにできることを言います。

知らず知らずのうちにできるから、なかなか見つけられないのです。

だから、以下の質問を自分自身に投げかけてください。

きっと、あなたの才能が見つかるはずです。

「一番充実していた体験は?」
「最近イラっとしたのはいつ?」
「自分の長所は?」
「もっとやりたかったことは?」
「これまでで成果が出たことは?」

そして、長所をまとめてみましょう。

最後に、Ⅲの好きなことを考えましょう。好きなことを考えるために、これまでと同様、以下の質問を自分自身にします。

「今お金を払ってでも勉強したいことは?」
「本棚にはどんなジャンルの本がある?」
「救われたと思えるものは?」
「お礼を言いたい人や仕事は?」
「世の中に対して怒りを感じたことは?」

そして、得意なことと好きなことが被る事柄をいくつか考えましょう。

その事柄と価値観が合うものがあなたが本当にやりたいことです。

あなたの基準を定めるためには、自分自身と向き合うことが大切です。

早めにやりたいことが決めるとよいですね。

Twitterでフォローしよう

おすすめサイト
あなたにおすすめの記事